便秘で悩まされないお腹スッキリ【お腹ヘコまし術を特別に伝授】

便秘の合併症

体重計とフルーツ

便秘の症状を大まかに説明すると排便の頻度が極端に少ないという状態を指すと言えます。しかしただ便が出なくなる事が問題であるわけではありません。腸内に便が溜まる事により、体には様々な影響が出るのです。便により刺激された腸は痛みを感じるようになります。ガスが排出されずどんどん腸内が圧迫されるようになり、ずっとお腹が張っている状態になるのです。そうなるとお腹がポッコリして太っているように見える事もあります。便秘改善により腸内が綺麗になれば見た目にも変化が現れるのです。

肌荒れや冷え症も便秘による影響だと考えて良いでしょう。毒素が排出されない場合は肌にもストレスがかかるようになり、ニキビの悪化などに繋がります。血行が悪くなれば手足の末端まで血液が行き届きにくくなり、慢性的な冷え症になります。特に女性はこれらの症状が出やすいと言えるでしょう。見に覚えがある場合には便秘改善を目指す事が大切です。

便秘になると何日も便を腸に留める事になりますが、そうなれば便は硬く大きくなっていきます。力んだ時に痔になってしまう事もあるので、便秘を改善するなら水分を出来るだけ多く摂り便を柔らかくするようにしましょう。どうしても出ないなら専用の医薬品を服用するのも悪くありません。しかし医薬品などを使用する場合、しっかりと副作用などを把握しておきましょう。薬の効果に依存してしまうと自力で排便する事が難しくなるケースもあります。体に負担をかけすぎないよう、適切な方法を選択する事が便秘解消に繋がるのです。